コンテンツ・サービス


インタラクティブ・デジタルテレビ(iDTV)コンテンツ・クリエーション・サービス、またはiCSは、コンテンツプロバイダ、携帯電話キャリア、iDTV放送事業者のために、複数のホームプラットフォーム規格(DVB- MHP、OpenTV、Flash)をサポートするために設立されました。iCSは、iDTVのコンテンツの作成、テスト、デバッグおよび検証のための堅牢なコンテンツ作成環境を提供します。


このコンテンツの製作環境は、ユニカ・メディアiDTVオーサリング・ツールで構成されるEnd-EndのDVB-MHPコンテンツ開発ソリューションです。TSカルーセルジェネレータ、コンテンツ管理/アプリケーション・サポート・システム、MPEG-2ストリーム発生器、デジタル衛星モジュレータ、MHP対応STBなど、サードパーティのソフトウェアとハードウェアで構成されます。
これらの環境は、オーサリングからコマーシャルベースまで、完全なDVB-MHPコンテンツ開発プロセスをカバーします。


alt


iDTVの新しい標準として、DVB- MHPはiDTVのコンテンツが重要な役割を果たすという、将来への期待を提示しています。
しかし、コンテンツの開発は、新しい技術、高い開発コスト、長い開発期間などだけでなく、テスト環境が不足していることもコンテンツ開発者にとっての課題です。
iCSは、経験の浅い開発者でもすぐに洗練されたiDTVのコンテンツの作成を開始しすることができます。確立された開発環境の中で、最適化とMPEG-2TSの生成を含む、完全なiDTVアプリケーション(xlet)を制作することができます。


さらに、ユニカ・メディアは、最先端のソフトウェア・ソリューションプロバイダとして、デジタルテレビの技術産業のために、プレミアムサポートサービス、コンサルティングを始め、技術トレーニング、セミナーなど、開発者の開発フェーズに合わせて、ハイレベルなサポート提供します。
サービスには以下が含まれます:


1. 技術支援と設備の使用
お客様は、iDTVのコンテンツの作成とテストのためにiCSの機器と設備を使用することができます。当社の技術チームは、必要であれば、近くにいて技術支援をいたします。


2. テスティングとコンサルテーションサービス
iCSは、テストおよびiDTVのアプリケーションのデバッグと検証サービスを含むコンサルティングサービスを提供しています。 ユニカ・メディアはiDTVアプリケーションのための認定を発行します。


3. iDTV アプリケーションの配信
iCSは、コンテンツ開発者あるいは所有者が、認定されたiTVアプリケーションをオペレータや他のサービスプロバイダーに販売、配布するお手伝いをします。


4. トレーニング・セミナー
ユニカ・メディアは、定期的にiCSでiDTVのコンテンツ作成のためのトレーニングセミナーを実施しています。
トレーニング・セミナーは、付加価値のあるiDTVアプリケーションからiDTVコンテンツ作成、テストに至る幅広い範囲をカバーします。


Goto Top